So-net無料ブログ作成

2016日本シリーズ1st@広島 [野球]

①小雨の中の登板で大谷が苦労した。
  経験の少ない広島で小雨交じりの投球で、とても気を使いながらの
  投球となった。でも、カープ打線相手に三失点は上出来。

②ファイターズの4番が、、、、
  ジョンソンの立ち上がりを、これぞファイターズという攻撃で
  安打、犠打、安打で一三塁から、4番中田、5番陽連続三振。
  三回、中島が12球目を選んで四球、岡も四球の一死一二塁からの
  ボールカウント1-1からのシュートを併殺打。
右打者得意のジョンソンに対して策のない、工夫のない2打席は
  いただけない。ワンバウンドのカーブを両打席ともに空振りは、、、、

③そこで矢野は、、、
  7回、レアード本塁打、続く走っても速い大谷が全力疾走での内野安打。
  100球を超えたジョンソンを攻めるには絶好のチャンスで、次はシーズン 31犠打成功の捕手大野。
  一死二塁で、その後は、持ち味をこの試合でも発揮している、西川中島岡で、ジョンソンを攻める、
  と思いきや、無死一塁で代打矢野。
  それはないでしょ。 しかもDHの無いこの試合で。
その後、二死塁無から西川9球目を安打に、中島も安打で繋いでジョンソンを降ろしたわけだから
ここでの併殺打は、全力疾走で安打をもぎ取った大谷に辛い結果。
  捕手も代わった、その裏に浴びた二被弾は偶然ではない。

 ここが一番の勝負の分かれ目。
  
個人的には、栗山監督はGM適性があるけどその試合での采配については、
あまりセンスを感じない。長期的なプランや、チームの雰囲気、モチベーション作りは
とても長けているようにみえるけど、いま起きている事に対する反応はそうでもない。

その意味で、第二戦のオーダーを試合終盤での代打大谷を想定した
ダブルスイッチを考慮して組めるのか。投手交代のタイミングをシリーズを見据えつつ
このゲームを取るために見切ることができるのか、を注目したい。
ポストシーズン無安打だった田中にクリーンヒットが出たのがファイターズにとっては朗報。
カープはこのまま中田を黙らせておけば勝機あり。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。